【浮気調査の料金ガイド|相場や安くするコツ】

このサイトについて

興信所・探偵に浮気調査を頼んだ場合の料金情報です。

 

相場や課金方式、安く抑えるコツなどを収録しています。

 

大手探偵社や探偵マッチングサービスへの取材に基づいています。

 

浮気調査におすすめの探偵社一覧

 

トップページ目次

 

第1部 浮気調査の料金
  • 探偵の浮気調査の実行内容
  • 浮気調査の直接費用
  • 調査案件ごとの費用の変動要素
  • 依頼者への課金方式
  • 浮気調査の料金相場
  • 不測事態の料金対応方式
  • 支払い方法
  • 調査費用を抑えるコツ

 

第2部 探偵社の探し方
  • 業界情報
  • おすすめの探偵社

第1部 浮気調査の料金

探偵の浮気調査の実行内容

料金を理解するためには、まず「探偵の浮気調査とは具体的に何をするのか」を知る必要があります。

 

調査対象を尾行し、写真を撮りながら行動を記録する

 

一番大切な目的は、ラブホテル出入りなど、浮気の証拠写真を撮ること

 

浮気調査におすすめの探偵社一覧

 

私物の調査、別れさせ屋工作などは違法。

 

SNSの調査なども探偵社は受任しません。

 

GPS貸出等については、別ページで説明します。

 

浮気調査の直接費用

浮気調査の具体的内容が分かれば、下記のような費用が必要なのがわかります。

 

  • 探偵の人件費
  • 尾行に使う車やバイクの費用
  • ガソリン代・高速代・駐車料金等
  • 探偵の電車賃・バス代等
  • 撮影機材の費用
  • 報告書作成の費用

 

プロの尾行はチーム尾行が原則であり、探偵は最低2人必要なことは理解している必要があります。

 

尾行が高度な技術であることやチーム尾行の必要性は別のページで説明します。

 

間接費用としては、探偵の教育訓練費、オフィスの維持費、広告宣伝費などがかかっています。

 

調査案件ごとの費用の変動要素

調査に投入する探偵や車の数は、調査案件ごとに違います。

 

費用が変わる代表的な要素は次のようなものです。

 

1.ターゲットの移動手段

まず徒歩(鉄道・バス利用含む)か、車かです。

 

徒歩の場合も途中で車移動に移行する可能性がどの程度か、考えて準備する必要があります。

 

例えばタクシーに乗ったり、浮気相手が車で迎えに来る可能性です。

 

2.ターゲットの移動範囲
  • 通勤経路だけを追えばよい場合。
  • 近場のドライブデートを追う場合。
  • 車で全国を回る営業マンの場合。
  • 新幹線や飛行機での旅行を追う場合。

 

各場合で準備も費用も全然変わるのはわかるでしょう。

 

3.ターゲットの警戒度

警戒しているターゲットには、探偵や車の数を増やす必要があります。

 

交代頻度を上げて発覚(バレる)を防ぐためです。

 

  • 過去に調査発覚したことがある
  • 探偵への依頼を感づかれたかも
  • ターゲットが警戒心の強い性格

 

上記のどれかが該当する場合、余裕を持たせないと失敗するリスク大です。

 

 

 

このように、調査案件の条件によって費用は変わります。

 

依頼者Aさんの旦那さんの浮気は通勤経路。

 

依頼者Bさんの場合は、遠方出張先か、その途中。

 

この場合、同じ探偵社に同じ日数で頼んでも、AさんとBさんの見積もりは違うことが多いです。

 

浮気調査におすすめの探偵社一覧

 

依頼者への課金方式

浮気調査に必要な費用はすでに理解しましたが、依頼者への請求の仕方はさまざまです。

 

細かい費目で請求する例

基本料金
調査員費用
調査車両代
機材使用料
報告書作成費
実費経費(ガソリン代・高速代・駐車料金・交通費等)
合計

 

単純な費目で請求する例

合計(※1)=基本料金+調査料金(※2)

 

※1 車両代、機材費、報告書作成費、交通費等実費はすべて含まれている。
※2 調査料金は投入する探偵の人数と日数で決まる。

 

(原一探偵事務所の料金システム)

 

上の両極端な2例の中間に、会社ごとに色々なやり方があります。

 

請求の回数構成

請求は2回方式と1回方式など、複数タイプがあります。

 

料金システムタイプ

契約時の請求

調査完了後の請求

2回請求型

着手金

調査料残金

実費のみ後日請求型

調査料

交通費等実費清算

1回請求型

調査料

なし

成功報酬型

調査料

成功報酬(調査成功の場合)

完全成功報酬型

なし

成功報酬(調査成功の場合)

 

先ほど例に挙げた原一探偵事務所は、この表では1回請求型に属します。

 

非常に稀ですが、完全成功報酬型を標榜する会社もあります。

 

ただ、にわかに信じがたいし、当サイトも裏は取っていません。

 

 

 

以上のように、探偵社の料金は費目も請求回数も各社バラバラなのです。

 

だから費用の一部だけを比較するのはとても危険です。

 

探偵の人件費が安く見せても、経費は別請求で合計は高いかもしれない。

 

着手金は安いが、完了時の請求が巨額かもしれない。

 

ざっくりと総額の幅で理解することが大切なのです。

 

浮気調査におすすめの探偵社一覧

 

浮気調査の料金相場

中堅探偵社のマッチングサイト「探偵さがしのタントくん」を運営するスタイルエッジ社の回答では次のとおり。

 

3〜5日の調査で

35〜60万円くらいが多い

 

大手探偵社の場合、これより何割か高いことが多いです。

 

原因は単価もありますが、探偵や車の投入量が多い傾向にあるせいもあります。

 

しかし、それは不必要な水増しではなく、余裕を持たせて確実に結果を出すためかもしれません。

 

また、「大手有名社を」と指名してくる依頼者は、その種の提案を受け入れる傾向にあります。

 

そういう選択をした依頼者は「20万円安い中堅にしておけばよかった」などと後悔はしないでしょう。

 

このように、浮気調査の料金は幅があり、安いから高いから良い悪いと言いきれないのです。

 

自分の予算に合うところをみつけて、あとは信頼感優先で決めるのがベストです。

 

不測事態の料金対応方式

調査では予想外の事態がよく発生し、代表は次の2つです。

 

  • 怪しまれて替えの探偵や車が必要になった
  • ターゲットが突如新幹線に乗るなど、予想外の大移動を始める

 

こういう場合の費用をどうするかを事前によく話し合っておくことが、トラブル回避のために重要です。

 

追加の探偵や車を投入するのか、発覚のリスク覚悟でそのまま続行するのか?

 

探偵も出張して尾行を継続するのか?

 

少なくとも、こういう事態になったら、必ず依頼者に連絡して許可を取る約束だけはしておかねばなりません。

 

料金の判断には不測事態の事も含める必要があります。

 

例えば、少し高くても追加請求なしに不測事態に対応してくれる方がいいという考え方もあります。

 

安心感を買う保険料みたいな捉え方です。

 

一方で、不測事態はたまにしか起きないのだから、起きたら起きた時のこと。

 

正常に完了した場合の料金の安さが大切、というのもひとつの考え方です。

 

支払い方法

前払い、2回払いが多いですが、後払いの会社もあります。

 

決済手段は、まず現金、振り込み。

 

分割払い、カード払いへの対応は会社によりますが、大手では広く対応している場合が多いです。

 

第2部 探偵社の探し方

業界情報

探偵社・興信所の業界は、零細企業が参入と廃業を繰り返している乱戦業界です。

 

公安委員会への探偵業届出数は5,670社(平成25年度警察資料)もありますが、ほとんどが個人企業です。

 

ろくに経験もないのに看板を上げている業者もあり、消費者トラブルもよくあります。

 

全国展開の大手はわずか数社で、歴史の長い企業も少ないです。

 

依頼するなら中堅以上の探偵社を選ぶことをお勧めします。

 

浮気調査は依頼件数の7割以上を占める一番多い仕事なので、どの探偵社も一番得意なはずです。

 

原一探偵事務所

100台以上の調査車両

【圧倒的な装備で車両尾行力は業界トップの原一】

 

創業43年、全国18拠点展開の業界最大手の老舗です。

 

スキルは極めて高く、他社で失敗した調査のやり直し調査など、難易度の高い調査も得意。

 

100台以上の車や警察と同レベルの無線など、装備も充実しています。

 

人探しや詐欺解明のテレビ番組に技術協力しており、継続してテレビに出ている唯一の探偵社です。

 

全国各地の拠点が出張費なしで連携できるので、浮気旅行や出張先の調査が安上がりにできます。

 

当サイトに割引を提供してくれており、下記の電話番号、またはリンク先のフォームを使うと基本料金が半額になります。

 

フリーダイアル: 0120-50-2004(割引クーポン有効番号)

 

 

原一探偵事務所のサイトはコチラ

探偵さがしのタントくん

タントくんのホームページ

【タントくんのホームページ】

 

探偵15人以上の中堅探偵社を全国で探せるマッチングサイトです。

 

弁護士・税理士などのウェブ集客支援がメイン事業のスタイルエッジ社が運営しています。

 

調査方法や内容、連絡の手段、お見積りの内訳などを十分に説明する姿勢を持った探偵社だけを面接の上、選定しています。

 

いきなり探偵社につながず、じっくり話を聞いた上で、紹介を希望する場合のみ、最適の探偵社を紹介してくれます。

 

探偵社紹介は希望せず、まずは無料相談したいという人も大歓迎とのこと。

 

費用は紹介してもらった探偵社と契約した場合のみ、その探偵社に対して発生します。

 

タントくんはその探偵社から手数料を取りますが、相談者からは一貫してお金を取りません。

 

費用は大手よりワンランク下で、普通の浮気調査なら中堅で十分だろうと判断して選ぶ人も多いです。

 

365日24時間対応

フリーダイアル: 0120-143-013

 

下記サイトにはメールフォームあり。電話が苦手な人はどうぞ。

探偵探しのタントくんはコチラ

総合探偵社TS

総合探偵社TSの林社長(奥)と警察OB探偵

【総合探偵社TSの林社長(奥)と警察OB探偵】

 

最近伸びている探偵社で、全国どこでも出張費なしで調査してくれます。

 

固定費を下げることで、良質のサービスを大手よりワンランク低い価格で提供したい。

 

そんな創業の想いで探偵出身の林社長が作った探偵社です。

 

価格的にはタントくんが紹介してくれる中堅探偵社と同様のレベルです。

 

フリーダイヤル:0120-134-023

(※スマホからは上記番号をタップしてかけられます)

 

総合探偵社TSの公式ページはコチラ